末期癌と闘われる方々への
希望や勇気となりますように

難病末期癌からの生還~タイトル画像小

HOME | 代表的な癌の標準治療 | 癌の標準治療

代表的な癌の標準治療を知る

末期癌克服への架け橋区切り線

 
以前は治らない病だと思われていた「癌」も、近年は技術の進歩によって早期発見が出来るようになり、早期発見のお陰で徐々に治癒率が高まっています。
 
※決して進行した末期癌の治癒率が「標準治療」によって格段に高まっているわけではありませんので、その点はご注意下さい。
 
ここでは代表的な癌の標準治療について記しておきます。
 

 

 
 

 
通常、癌は健康診断や人間ドックで見つかり、精密検査を受けて診断され、普通の病院へ入院されて治療を進めるという流れになると思います。病状によっては西洋医学によるがん治療は大きな成果が得られますので、頭から病院治療を完全拒否するのではなく、適切に治療を組み合わせるようになさって下さい。勿論、私の父のように西洋医学によるがん治療では実質延命治療で完治が見込めない、手術で非常に大きな後遺症が残るなど、西洋医学だけでは望む結果が得られない場合は拒否をされたら良いと思います。その判断をするためにも、まずは西洋医学によるがん標準治療を詳しく知る必要があると思います。そのごく普通の西洋医学による「癌発見から検査、診断、治療」という流れを別サイトにまとめて詳しく記してあります。西洋医学による治療の流れ、主治医や看護師から耳にする医学用語、チーム医療の体制、癌の部位別の診断方法・ステージ判断・治療方法などを詳しく記してありますので、そちらもご参考にして頂ければと思います。
 

※別サイトへジャンプします
 
難病末期癌からの生還・区切り線

 

LinkIcon

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |