末期癌と闘う方々への希望や勇気となりますように

難病末期癌からの生還
Complete cure for CANCER(STAGE-IV)!
完全治愈晚期癌症

末期癌と闘う方々の希望や勇気となりますように

難病末期癌からの生還
Complete cure for CANCER(STAGE-IV)!
完全治愈晚期癌症

末期癌から生還した父の闘病記

末期癌の正しい治し方とは
難病末期癌からの生還区切り線
 
ある日突然、末期癌・余命3か月の宣告を受けて即緊急入院となってしまった私の父。精密検査の結果は、中咽頭がん末期+舌がん末期+リンパ節転移あり(他臓器への全身転移の疑いあり)。末期癌特有の違和感や症状、痛みもあり、ステージ4の末期で、進行も早く非常に最悪な状況とのこと。病院での治療説明では、抗がん剤、放射線治療、そして延命をするためには声帯と舌を切除する10時間を軽く超える大規模な手術まで必要だという説明が主治医からありました。標準治療フルコースです。
 
ただ、標準治療フルコースを受け、手術では声と舌を失う大きな後遺症が一生残るそこまでの治療を行っても5年生存率はほぼ0パーセント、実質「延命しか出来ない」という主治医の絶望的な診断に、家族はただただ茫然とするばかり…。
 
しかし私たち家族は、このまま主治医の余命宣告通り3か月で父をあの世へ見送ることなど出来るはずもなく、最後まで諦めずに真っ向から末期癌と闘う事を決意しました。末期癌と闘うために必要なことを可能な限り調べて、一日も無駄にせず家族一丸となって出来ることを一つずつ取り入れて実践すると決めたのです!
 

特に我が家では「免疫力を高める事」「腸内環境を改善する事」の主に2つを最優先目標と捉え、日常生活のあらゆる部分において「健康的な改善」を行いました。

 
その結果、入院からわずか3か月ほどで末期癌が完全にキレイに消滅し「完治」したのです!延命のために絶対に必要だと主治医に言われていた手術すらも必要とすることなく、入院からちょうど半年で無事に退院できたのです!!ステージ4末期癌を手術なしで完治できる確率は、西洋医学ではほぼゼロに等しいのが現実の中、本当に素晴らしい結果です!
 
そんな父の奇跡的な末期癌完治闘病記をここに公開致します。
 
父が末期癌の宣告を受け克服するまでのストーリーと共に、父が末期癌を消滅させるために実践したことをはじめ、私たち家族が必死で勉強し集めた癌に関連する様々な情報や、補完代替医療・統合医療に関する最新情報も可能な限り更新し、ご参考までに記しておきます。
 
そして父の経験を元に、私の高校時代同級生も免疫力強化を加えて、悪性リンパ腫・再発の厳しい状況であったにも関わらず、危険な手術を必要とすることなく無事完治をしましたし、さらにこの父の闘病記をご覧になられた方々も私の父と同じく免疫力強化や腸内環境改善など必要なものを加えて末期癌と闘い、無事に生還された方々の完治ストーリーも記しておきます。
 
現在、そしてこれから末期癌と闘う方々の勇気と希望になれば幸いです!
 
 

 

●一般的にはまだまだ不治の病というイメージが強い末期癌…。末期癌と診断・宣告されたら、やはり諦めるしかないのだろうか?
●すでに末期癌特有の違和感、痛み、症状がある父。病院(西洋医学)では一般的にどのように末期癌治療は進められていくのだろうか?
●西洋医学は非常に素晴らしい医学のはず。しかし末期癌の場合、西洋医学だけを信じて頼って本当に大丈夫なのだろうか?「最後に主治医から匙を投げられて裏切られた」という話もよく聞くし・・・。
●病院での末期癌治療は、どこまでが限界で、どんな点が問題となるのだろうか?
●末期癌は下手に治療をするより「何もしない」方が長生き出来るというのは本当なのだろうか?
●末期癌で治るのは、やはり特殊なケースなんだろうか?
●医療先進国アメリカや欧州で進んでいる末期癌・補完代替医療や統合医療。色々な種類があるが末期癌に対して本当に効果が見込めるのはどれなのだろうか?
●昨今、末期癌治療においても非常に大切だと言われる「免疫力を高めること」。では免疫力で末期癌を治すことは本当に可能なんだろうか?免疫力を高める具体的方法にはどんなものがあるのか?
●末期癌は生活習慣病のひとつだと言われるが、どのように生活習慣を改めれば良いのか?末期癌患者に必要な食事は?運動は?睡眠は?ストレスコントロールの方法は?

 
突然父が末期癌と診断され、私はこのような事をまずは調べなければならないと思い、自分なりにいろいろと調べました。父の末期癌を完治させるために集めたその情報を、私は何をどのように考え理解し取捨選択をし実践したのかも詳しく記してあります。
 
また末期癌患者を持つ家族として、患者が前向きになるよう色々と考えないといけない事もあります。「病は気から」であり、やはり患者が末期癌を克服出来るという具体的イメージを持ち、治療に対して前向きな気持ちになる必要があるのだと思います。
 
 

 
・免疫力向上(自然免疫・獲得免疫・NK細胞の活性化)
生活改善(食生活・睡眠など)
腸内環境正常化と消化器官活性化
体力向上(適度な運動・筋力アップ)
ストレスコントロール(不安や恐怖心の排除)
 
などなど、日本の医師や病院が教えてくれない癌克服に必要な条件や要素の詳細も、なるべく具体的に記してありますので、ご参考にして頂けたらと思います。末期癌と闘って改善や完治へ導くためには、上記のすべての要素を高いレベルで満たす必要があります。必ず癌治療の中に取り入れ組み合わせて下さい。
 

 

 
難病末期癌からの生還~咽頭癌と闘う俳優「ヴァル・キルマー」さんを応援!

左「ヴァル・キルマー」/右「トム・クルーズ」

俳優トム・クルーズさんより3歳年上のヴァル・キルマーさんは、2014年、54歳のときに咽頭がんと診断されました。
 
New York Times Magazineによりますと、その後の気管切開手術と長い化学療法のために、キルマーさんは声を失いました。2020年には、4年間ガンが再発しなかったことが確認されたものの、現在はチューブで栄養をとりながら生命を維持しています。
 
 

●トム・クルーズが熱望したキルマーの復帰

 
ヴァル・キルマーさんが映画「トップガン・マーヴェリック」でアイスマン役を再び演じたことは、奇跡という言葉だけでは片付けられません。2018年、The Hollywood Reporterによってキルマーさんの続投は報じられていましたが、ファンや批評家の間からは彼の病状を心配する声が上がっていました。
 
キルマーさんの復帰はクルーズさんの強い希望によるものでした。プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーさんは、「トムは『トップガン』の続編を作るなら、ヴァルが参加しなければ意味がないと強く主張していました」とPeople誌に明かしていました。
 
1986年公開の『トップガン』で、キルマーさんは「トム・“アイスマン”・カザンスキー」役を演じました。全米からエリートパイロット(トップガン)を集めた訓練校で、クルーズさん演じる「ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル」のライバル訓練生となる男です。アイスマンとマーヴェリックは、生真面目な優等生と体制に反感を持つアウトサイダーという正反対のキャラクターです。2人はお互いに反発し合いながらも影響を与えあい、訓練校のトップにのぼりつめていきます。
 
アイスマンとマーヴェリックの関係性は、トップに立った2人だけが共有できる深い信頼と尊敬から生まれたライバルというかたちで、『トップガン マーヴェリック』にもしっかり受け継がれています。
 
なお、劇中でのキルマーさんの声は、英スタートアップ企業のソナンティックの協力を得て、最新のAI技術を駆使して再現されたことが明かされています。
 
 

 
通常、癌は健康診断や人間ドックで見つかるか、何か良くない症状が現れて精密検査を受けて診断され、普通の病院へ入院されて治療を進めるという流れになると思います。病状やステージによっては西洋医学によるガン治療は大きな成果が得られますので、ガン治療の第一選択肢は「標準治療」であることは間違いありません。
 
但し、厚生労働省の指導に従い一部の医師が言っている「標準治療のみが最善のガン治療、最高のガン治療であり、その他治療法はガンの治療に役立たない」「標準治療だけに確実な効果があるとして国は認めている」というのは、欧米諸国のガン治療の考え方とは大きく違うものですしウソも含まれていますから注意が必要です。
 
また、ガン治療の世界においても不都合な真実はたくさんあり、例えば「抗癌剤で白血病以外のガンは完治しない」ことを厚生労働省、一部の良識ある医師は認めていますが、まだまだ多くの医師は知ってか知らずか認めようとしていませんし、教えてくれることもありません。こういった点も真実がどこにあるのかしっかりと自分自身で調べて理解する必要があります。日本においては「国(政府や厚生労働省)が言ってるから!」「TVや雑誌(大手メディア)が言ってるから!」「大手製薬メーカーが言ってるから!」は一番危険な判断基準です。国民の事を第一に考えるまともな政治家や官僚が少ないことは、もう皆さんご存じのはずです。
 
私の父のように西洋医学によるガン治療では実質延命治療でしかなく完治が見込めない、手術で非常に大きな後遺症が残るなど、西洋医学だけでは望む結果が得られない場合は、潔く標準治療を一部または全てを拒否するのも一つの方法です。
 
その判断・決断を正確に下すためにも、まずは西洋医学による標準治療を詳しく正しく知る必要があると思います。
 
ごく普通の西洋医学による「癌発見から検査、診断、治療」という流れを以下の別サイトにまとめて詳しく分かりやすく記してありますので、入院(退院)手続きの流れ、西洋医学による検査・治療の流れ、主治医や看護師から耳にする医学用語、検査機器の詳細、チーム医療の体制、癌の部位別の診断方法・ステージ判断・治療方法、最新のロボット支援手術「ダビンチ」や新しいガン免疫療法(免疫のブレーキを解除するチェックポイント阻害薬)として有名な「オプジーボ」など、まずは病院治療・標準治療の一般的な知識習得のためにご参考に読んで頂ければと思います。
 

※別サイトへジャンプします
 

末期癌について調べているうちに「末期癌と真っ向闘うには免疫力を高める必要性がある」という事を学び、免疫療法先進国であるアメリカへ目を向けた私は、当時米国UCLA医学部(アメリカ・カリフォルニア州立大学医学部/PhysiologicalScience)に留学中だった親友に相談をして、免疫力の大切さを学ばせてもらいました。また、米国UCLA医学部留学中だった親友のお陰で、米国UCLAにて研究中だったエビデンスのしっかりある免疫賦活物質BRMと出会い、それを父のガン治療に取り入れて免疫力を強化しました。その医療機関向け専用の免疫賦活物質BRMについても、皆さんからの質問が非常に多いのでご参考までに記しておきます。

 

 
当ホームページのリンクは基本的に自由にして頂いてOKです。トップページ以外はURLが変更になる事がありますので、トップページへのリンクでお願いします。サイトの内容をコピーして抜粋したりして掲載する場合には必ずご連絡下さい。お持ちのホームページやブログなどへリンクして下さると嬉しいです。
 
 

 
【当方にメールが送れない場合・返事が届かない場合】
 
私のメアド「@liveメール」(マイクロソフト社のメール)は、何故かよく送信&受信トラブルが発生するようです。特にyahooメールやGmailなどフリーメアドからお送り頂く場合、不思議な事に迷惑メールフォルダーに振り分けられたり、こちらに届かない事があります。万が一、当方メアドに送信出来ない場合や何度か送信しているのに返事がない場合は、迷惑メールフォルダーをご確認されたり、予備メアド宛(sgw00744@nifty.com)へもメールを送ってみて下さい。確実にメールを送りたい場合は、ご面倒でも下記メアド両方へお送り下さい。非常識な方でない限り、当方は必ず2-3日以内にはお返事をさせて頂いています。
 
(メイン)sarah-chan@live.jp
(予 備)sgw00744@nifty.com 
 
【メールを送って下さる場合の注意点】
 
メールを送って下さる場合には最低限のマナーとして、お名前(ニックネーム可です)と返信先のメールアドレスを本文中に明記下さい。
 
キャリアメール(※)と呼ばれるアドレスから携帯電話メールをお送り下さった場合に、私のパソコンからお返事がお送り出来ないケースが多々ありますので、本文中に必ず受信可能なパソコンメールアドレスを添えてメール下さるようにお願いします。もしくは、パソコンからのメールが受信できるように携帯電話の迷惑メールフィルターの設定を変更して下さい(最近の携帯電話・スマホはPCからのメールが受信できないように標準設定されている事が多いです。受信許可ドメイン指定で「@live.jp」「@nifty.com」を受信許可にされるか、パソコンメール全体を受信許可として下さい)。
 
※キャリアメール・・・docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jp、ymobile.ne.jp、uqmobile.jp、vodafone.ne.jpなど、ドコモ、au、ソフトバンク等携帯電話会社のメールアドレスの事です。

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |