末期癌と闘う方々への希望や勇気となりますように

難病末期癌からの生還

末期癌と闘う方々の希望や勇気となりますように

難病末期癌からの生還

末期癌から生還した父の闘病記

末期癌と真っ向闘い
僅か4カ月で見事に完治した父と同級生の経験をもとに
難病末期癌からの生還区切り線
 

■ 末期癌と宣告されても完治するまであきらめないで闘った父の記録!

 
ある日突然、末期癌・余命3か月の宣告を受けて即緊急入院となってしまった私の父。精密検査の結果は、中咽頭がん末期+舌がん末期+リンパ節転移あり(他臓器への全身転移の疑いあり)。末期癌特有の違和感や症状、痛みもあり、ステージ4の末期で、進行も早く非常に最悪な状況とのこと。病院での治療説明では、抗がん剤、放射線治療、そして早急に声帯と舌を切除する10時間を軽く超える大規模な手術まで必要だという説明が主治医からありました。
 
ただ、そこまでの治療を行っても5年生存率は数パーセントしかなく、実質「延命しか出来ない」という主治医の絶望的な診断に家族はただただ愕然とするだけでした。
 
しかし私たち家族はこのまま余命宣告通り3か月で父を見送ることなど出来るはずもなく、最後まで諦めずに真っ向から末期癌と闘う事を決意。末期癌と闘うために必要なことを可能な限り調べて、一日も無駄にせず家族一丸となって出来ることを一つずつ取り入れて実践すると決めました!
 

特に我が家では「免疫力を高める事」に注力し、病院治療を並行しつつ、当時米国カリフォルニア州立大学UCLA内にて末期癌治療の代替医療として臨床研究されていた免疫賦活物質Arabinoxylaneによる免疫強化を積極的に行いました。

 
その結果、入院からわずか4か月で末期癌が完全にキレイに消滅し「完治」!入院からちょうど半年で退院できたのです!!
 
そんな奇跡的な実話の末期癌完治闘病記ブログをここに公開します。
 
父が末期癌の宣告を受け克服するまでのストーリーと共に、父が末期癌を克服するために実践したことをはじめ、父を末期癌から救い生還させるために私たち家族が必死で勉強し集めた癌に関連する様々な情報や、末期癌完治に向けて必要な代替医療・統合医療に関する最新情報も可能な限り更新しここに記しておきます。そして父の経験を元に、私の同級生も父と同じように悪性リンパ腫からの生還を果たし、さらにこのサイトをご覧になり私の父と同じように末期癌と闘い、無事に生還された方々の完治ストーリーも記します。末期癌と闘う方々のご参考になれば幸いです。
 

■ 末期癌の痛みなどの症状を改善し、完全完治へと導くために 

 

    • 一般にまだまだ不治の病というイメージが強い末期癌。末期癌と診断・宣告されたら、やはり諦めるしかないのだろうか?
    • すでに末期癌特有の違和感、痛み、症状がある父。病院(西洋医学)では一般的にどのように末期癌治療が進められていくのか?
    • 西洋医学は非常に素晴らしい医学だが、末期癌の場合、西洋医学だけを信じて頼って本当に大丈夫なのか?「最後に主治医から匙を投げられて裏切られた」という話もよく聞くが・・・。
    • 病院の末期癌治療では、どこまでが限界で、どんな点が問題となるのか?
    • 末期癌は下手に治療をするより「何もしない」方が長生き出来るというのは本当なのか?
    • 調べれば末期癌でも治るケースはあるようだが、治るのはやはり特殊なケースなんだろうか?
    • 医療先進国アメリカや欧州で進んでいる末期癌代替医療、色々な種類があるが末期癌に対して本当に効果が見込めるのはどれなのか?
    • 末期癌治療においても非常に大切だと言われる「免疫力を高めること」。では免疫力で末期癌を治すことは本当に可能なんだろうか?免疫力を高める具体的方法は?
    • 末期癌は生活習慣病のひとつだと言われるが、どのように生活習慣を改めれば良いのか?末期癌患者に必要な食事は?運動は?睡眠は?ストレスコントロールは?

 
突然末期癌と診断され、私はこのような事をまずは調べなければならないと思い、自分なりにいろいろと調べました。また末期癌患者を持つ家族として、患者が前向きになるよう色々と考えないといけない事もあります。「病は気から」であり、やはり患者が末期癌を克服出来るという具体的イメージを持ち、治療に対して前向きな気持ちになる必要があるのだと思います。
 

■ 末期癌患者を支える家族の役割りは大きい

 
また末期癌患者を支える家族としては、
 

    • 末期癌患者を持った家族は患者とどのように接し、どうすれば患者自身が抱える不安や恐怖を排除することができ、逆にどうすれば希望や勇気を持つことが出来るのか・・・
    • どのようにして末期癌症状を改善させ、完治や生還へ導いて行けば良いのか・・・

 
告知の仕方一つで末期癌患者を絶望にさせますし、家族など周りが希望を持てるような状況を作り出してあげる事で末期癌患者は前向きな気持ちになり治る気にもなります。末期癌を完治させた父の闘病記には、そんな好循環サイクルに入るためのヒントもあるかと思います。
 

■ 主治医が教えてくれない末期癌克服に必要な事とは

 
西洋医学による医療は、後にも詳しく記しますが、とにかく悪い部分(癌)を物理的に切除したり、細胞毒(抗癌剤)や放射線で癌細胞を破壊するという考え方・手法であり、身体全体を見て身体全体の状態を良くしようという考え方ではありません。西洋医学では「免疫力向上」「生活改善」「腸内環境正常化」「体力向上」「ストレスコントロール」などの重要性について学ぶ時間はほとんどないのですから、主治医が詳しくないのは当然のことです。これら主治医が教えてくれない末期癌克服に必要な条件・要素の詳細もなるべく具体的に記してありますので、ご参考にして頂けたらと思います。
 
末期癌と宣告された患者様がおられるご家族にとって、私たち家族の実際に末期癌を完治させた経験が少しでもお役に立てば幸いです。
 
 

このサイトは、今現在「末期癌」と闘っておられる患者様やそのご家族のために少しでも励みや希望・勇気になればと思い、末期癌を短期間に完全消滅させて克服した父の実体験をもとに制作をしました。

例え医師から余命数か月と宣告されたステージ4の末期癌であろうと、正しい方向へ突き進めば決して治らない病気ではないという事を、私の父や私の同級生、そしてこのサイトをご覧になられて父と同じように完治・改善された多くの方々の事例を参考に大きな希望や勇気を持って貰えたら幸いです。特に、免疫力を高めて自然治癒力を最大限に高める事が出来れば、末期癌でも完治する可能性は幾らでもあるという現実を一番知って欲しいと思います。

信じていた主治医から匙を投げられ緩和病棟やホスピスを勧められていても、今までいろいろ出来る事を頑張って来て現在結果が思わしくないとしても、まだまだ諦めないで下さい生きている限り幾らでも可能性はあるのですから。諦める勇気があるならば、もう一度末期癌と真っ向から闘う勇気を持ってみて下さい。「末期癌」にも必ず弱点がありますから!癌細胞が棲みにくい体を作り、免疫力を高めて、その癌の弱点を突き続ければ現状を打開できると私は思います。

憎き「癌」と闘うにあたって敵のことをよく知り、癌を叩き潰すために必要な知識や情報、対策を私なりにまとめてありますので、このサイトの内容が現在末期癌と闘っておられる方々、これから末期癌と闘わなければならない方々の克服のために、少しでも架け橋となってお役に立てればと願うばかりです。

このサイトを見られた一人でも多くの方が末期癌との闘いに勇気と希望を持ち、正しい知識を持って進むべき道を進み、末期癌を克服されて、末永くご健康で幸せな時間をご家族様と共に過ごせますように願っています・・・

 


■西洋医学(がん標準治療)をまずは知る事が大切です

 
通常癌は、健康診断や人間ドックで見つかり、精密検査を受けて診断され、普通の病院へ入院されて治療を進めるという流れになると思います。病状によっては西洋医学によるがん治療は大きな成果が得られますので、頭から病院治療を完全拒否するのではなく、適切に治療を組み合わせるようになさって下さい。勿論、私の父のように西洋医学によるがん治療では実質延命治療で完治が見込めない、手術で非常に大きな後遺症が残るなど、西洋医学だけでは望む結果が得られない場合は拒否をされたら良いと思います。その判断をするためにも、まずは西洋医学によるがん標準治療を詳しく知る必要があると思います。そのごく普通の西洋医学による「癌発見から検査、診断、治療」という流れを別サイトにまとめて詳しく記してあります。西洋医学による治療の流れ、主治医や看護師から耳にする医学用語、チーム医療の体制、癌の部位別の診断方法・ステージ判断・治療方法などを詳しく記してありますので、そちらもご参考にして頂ければと思います。
 

※別サイトへジャンプします
 

 

 (お願い)ブログやSNSなどへリンクをお願いします

 
当ホームページのリンクは基本的に自由にして頂いてOKです。トップページ以外はURLが変更になる事がありますので、トップページへのリンクでお願いします。サイトの内容をコピーして抜粋したりして掲載する場合には必ずご連絡下さい。お持ちのホームページやブログなどへリンクして下さると嬉しいです。
 


 

■メールを送って頂く際の注意点

 
【当方にメールが送れない場合・返事が届かない場合】
 
私が使用しています「@liveメール」(マイクロソフト社Hotmail)においては、何故かよく送信&受信トラブルが発生するようです。特にyahooメールやGmailなどフリーメアドからお送り頂く場合、不思議な事に迷惑メールフォルダーに振り分けられる事もなく削除され、こちらに届かない可能性が非常に高いです。万が一、当方メアドに送信出来ない場合や何度か送信しているのに返事がない場合は、予備メアド宛(sgw00744@nifty.com)へもメールを送ってみて下さい。確実にメールをお送りしたい場合は、ご面倒でも下記メアド両方へお送り下さい。
(メイン)sarah-chan@live.jp
(予 備)sgw00744@nifty.com 
 
【メールを送って下さる場合の注意点】
 
メールを送って下さる場合には最低限のマナーとして、お名前(ニックネーム可です)と返信先のメールアドレスを本文中に明記下さい。
 
携帯電話からメールをお送り下さった場合に、私のパソコンからお返事がお送り出来ないケースが多々ありますので、本文中に必ずあなた様のパソコンメールアドレスを添えてメール下さい。もしくはパソコンからのメールが受信できるように携帯電話の迷惑メールフィルターの設定を変更して下さい(最近の携帯電話・スマホはPCからのメールが受信できないように標準設定されている事が多いので。受信許可ドメイン指定で「@live.jp」「@nifty.com」を受信許可にされるか、パソコンメール全体を受信許可として下さい)。

 
 

< 末期癌を4ヶ月で完治させた父の実話ストーリー>
入口はこちら

難病末期癌からの生還<入口ボタン>
 
 
 

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |