末期癌と闘う方々への希望や勇気となりますように

難病末期癌からの生還

末期癌と闘う方々の希望や勇気となりますように

難病末期癌からの生還

末期癌から生還した父の闘病記

末期癌と免疫力強化で闘い、
僅か4カ月で見事に完治した父と同級生の経験をもとに
難病末期癌からの生還区切り線
 

このサイトは、今現在「末期癌」をはじめとする難病と闘っておられる患者さんやそのご家族様のために、少しでも励みや希望・勇気になればと思い、末期癌を約4ヶ月間で完全に克服した父の実体験をもとに制作をしました。
 
例えステージ4の末期の癌であっても、医師から余命数ヶ月と宣告されようとも、諦めずに正しい方向へ突き進めば決して治らない病気ではないという事を、私の父や完治・改善された多くの方々の事例を参考に知って頂ければと思います。諦める勇気があるならば、もう一度癌と真っ向から闘う勇気を持ってみて下さい。
 
「癌」にも必ず弱点がありますから!
 
その癌の弱点を見つけて突き続ければ、現状を打開できるはずです。憎き「癌」と闘うにあたって敵のことをよく知り、叩き潰すために必要な武器・情報を私なりにまとめてありますので、このサイトの内容が癌克服のためのきっかけやヒントになり、皆様のお役に立てれば幸いなことです。
 
 

 
私の父がある日突然「中咽頭がん(末期)+舌がん(末期)+リンパ節数カ所へ転移 」で余命3ヶ月と宣告されたにも関わらず、わずか4ヶ月間で末期癌を克服するまでの内容を詳しく記してあります。
 
父本人は全てを知らされていなかったとは言え、入院している以上それなりに不安や苦しみの中にいて、父以外の家族は全てを知っているだけにとても恐ろしい不安と恐怖のどん底に突き落とされていた状況にある中で、どのように私たち家族は父と接し、どのように癌と闘うために必要な情報を集め、それをどう実践したのかは、これから癌克服を目指す方々にとってのとても大きなヒントになるのではないかと思います。
 
父が余命数ヶ月だと宣告され、私たち家族は絶望感に押し潰されそうな毎日でしたが、その中で患者本人の父だけには全てを告知しないように主治医にお願いをしておいたお陰もあり、父は楽観的に「すぐに退院してみせる!」と前向きだったのがせめてもの救いで、父が何も嫌がらず、私の思い描いたように治療を進めて末期癌に闘いを挑むことが出来た事は、今になって振り返るととても大切な要素だったんだと思います。
 
そして父の「楽観的で前向きな姿勢」と私たち家族の「愛情と情報力」が一つになったとき、「世の中では奇跡と呼ばれるようなもの凄い結果」が得られたのです!!
 
父は絶対に必要だと言われていた手術も一切必要とすることなく、わずか約4ヶ月という驚異的な短期間で無事ガン細胞を完全消滅させました!末期ガンで入院してから、たったの半年で完治させて退院して社会復帰を成し遂げたのですから、普通では有り得ない「奇跡」と呼べる結果なのかも知れないですね!

 
ちなみに私たち家族は父が余命宣告されたとき、医学のこと、癌のこと、標準治療のことなど全く分からない医学素人で、正直右往左往、オロオロするばかりでした。癌治療に関するインターネットの情報はまだまだ少ない時でしたので、情報収集にも限界がありました。
 
当時「癌に関するあんな情報、こんな情報が一か所にまとまっているサイトがあれば助かるのになぁ~」と思いましたので、父の末期ガン闘病記以外にも、「癌のメカニズム」「免疫システム」「代表的な癌の部位別・臓器別情報」、そして「現代医療(西洋医学)の実態」や「有効な代替療法(癌に効くと言われている補完代替療法やサプリメント)」などについてまで、私が随時調べてガン治療をこれから行うに当たって必要だと思われる情報を、国立がんセンターのサイトやドクター執筆の書籍など信用できるところから集めて、分かり易く整理して掲載してみました。
 
※サイトが大きくなり過ぎてゴチャゴチャしてきたので、現在は一部別サイトへまとめてあります。
 
 

 

  • なぜ人は癌になるのか?
  • 癌細胞や免疫細胞のメカニズムはどうなっているのか?
  • 現在の病状はどのステージなのか?この先どのような症状になるのか?検査はどんな方法なのか?診断方法は?病院ではどのように治療を進めるのか? 
  • 標準治療の限界と問題点は何か?限界・問題点があるなら、その弱点を補う方法はないのか?
  • 情報が氾濫する補完代替療法や免疫療法・・・。癌に効くという治療法やサプリメントはどのように選択すべきなのか? 
  • 末期ガンから実際に生還した人は、一体どのようにして癌を克服したのか?

 
 
・・・等々、ガン治療に失敗しないためには、まずは知っておかなければならないことがかなりたくさんあります。ここでは、それを一つでも多く、分かり易く記すようにしたつもりです。
 
さらに、私の父と同じように末期癌と宣告された方々の完治改善事例も合わせて掲載してご紹介しておきますので、その方々の癌との向き合い方や闘い方もご参考にして頂けたら、もっと正しい癌との闘い方が理解できると思いますし、どのように癌が縮小し消えていくのかのイメージも出来ると思います(掲載は公開をご了承して下さったごく一部の方のみですが)。今まで胃がん、大腸がん、肺がん、食道がん、肝臓がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、膀胱がん、悪性リンパ腫など、様々な部位の末期ガンの方が私の父の末期ガン克服闘病記を参考にしながら、勇気と希望を持って闘い、そして見事に皆さんも完治・改善されています。
 
繰り返しになりますが、例え末期ガンであっても諦めずに正しい方向へ向かう努力を続ければ、改善・完治の可能性は飛躍的に高まります。
 
癌が完治・改善することも何事も、世の中「奇跡」などというものはなく、「必然」なことの結果なのだと私は思います。私の父も癌と闘うプロセスにおいて正しい方向へ進み続けた結果、「必然的に」末期ガンが消滅したのだと思っています。
 
このサイトで、標準治療(西洋医学)の限界と問題点などを理解し、100%病院任せ・医者任せの治療から脱却して、どうすれば癌が棲み難い身体になるのか、どうすれば癌が縮小していくのか、どうやって抗がん剤などの標準治療の副作用から身体を守りながら癌と闘っていくべきなのか・・・
 
上述のように、胃がん、大腸がん、肺がん、食道がん、肝臓がん、膵臓がん、前立腺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、膀胱がん、悪性リンパ腫など癌の出来る部位は人それぞれですが、このサイトはどの部位の癌であっても共通して参考にして頂ける内容だと思います。
 
私は当時、米国カリフォルニア州立大学「UCLA」医学部留学中の親友に相談をして、米国の最先端のガン治療の方向性についてアドバイスを受けました。そして、私は癌の標準治療に、独自に補完代替療法を組み合わせることを決めました。おそらく主治医の言われるがまま、癌の標準治療だけで父のガン治療を進めていたら、間違いなく父の癌は治らず、悲惨な最期になっていたのは間違いないだろうと思います。
 
入院からわずか4ヶ月ほどで末期ガンを完全に消滅させる事が出来た私の父の体験を通じて、これから末期癌と闘わなければならない方々が癌を効果的に叩く正しい方向性を探るきっかけになれば幸いだと思います。
 
今後も時間の許す限りさらに更新を続けて、癌治療をこれから行う方々にとって本当に役に立ち、必要な情報が私のサイトだけでほとんど揃うと皆さんに評価されるよう、引き続き頑張ろうと思っています。
 
このホームページを見られた患者の方々、そしてそのご家族の方々が癌との闘いに勇気と希望を持ち、一人でも多くの患者さまが末期がんを克服しご快復され、末永くご健康で幸せな時間を過ごせますように・・・


 
通常、癌は健康診断や人間ドックで見つかり、精密検査を受けて診断され、普通の病院へ入院されて治療を進めるという流れになると思います。病状によっては西洋医学によるがん治療は大きな成果が得られますので、頭から病院治療を完全拒否するのではなく、適切に治療を組み合わせるようになさって下さい。勿論、私の父のように西洋医学によるがん治療では実質延命治療で完治が見込めない、手術で非常に大きな後遺症が残るなど、西洋医学だけでは望む結果が得られない場合は拒否をされたら良いと思います。その判断をするためにも、まずは西洋医学によるがん標準治療を詳しく知る必要があると思います。そのごく普通の西洋医学による「癌発見から検査、診断、治療」という流れを別サイトにまとめて詳しく記してあります。西洋医学による治療の流れ、主治医や看護師から耳にする医学用語、チーム医療の体制、癌の部位別の診断方法・ステージ判断・治療方法などを詳しく記してありますので、そちらもご参考にして頂ければと思います。
 

※別サイトへジャンプします
 

 

 
当ホームページのリンクは基本的に自由にして頂いてOKです。トップページ以外はURLが変更になる事がありますので、トップページへのリンクでお願いします。サイトの内容をコピーして抜粋したりして掲載する場合には必ずご連絡下さい。お持ちのホームページやブログなどへリンクして下さると嬉しいです。
 


 

 
【当方にメールが送れない場合・返事が届かない場合】
 
私が使用しています「@liveメール」(マイクロソフト社Hotmail)においては、何故かよく送信&受信トラブルが発生するようです。特にyahooメールやGmailなどフリーメアドからお送り頂く場合、不思議な事に迷惑メールフォルダーに振り分けられる事もなく削除され、こちらに届かない可能性が非常に高いです。万が一、当方メアドに送信出来ない場合や何度か送信しているのに返事がない場合は、予備メアド宛(sgw00744@nifty.com)へもメールを送ってみて下さい。確実にメールをお送りしたい場合は、ご面倒でも下記メアド両方へお送り下さい。
(メイン)sarah-chan@live.jp
(予 備)sgw00744@nifty.com 
 
【メールを送って下さる場合の注意点】
 
メールを送って下さる場合には最低限のマナーとして、お名前(ニックネーム可です)と返信先のメールアドレスを本文中に明記下さい。
 
携帯電話からメールをお送り下さった場合に、私のパソコンからお返事がお送り出来ないケースが多々ありますので、本文中に必ずあなた様のパソコンメールアドレスを添えてメール下さい。もしくはパソコンからのメールが受信できるように携帯電話の迷惑メールフィルターの設定を変更して下さい(最近の携帯電話・スマホはPCからのメールが受信できないように標準設定されている事が多いので。受信許可ドメイン指定で「@live.jp」「@nifty.com」を受信許可にされるか、パソコンメール全体を受信許可として下さい)。

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |